まんごろし太とAngelのお見合い(5回目)

こんなに長引くはずではなかったのだが……(汗)
まんごろし太とAngelちゃんのお見合い5回目です。
(1回目の映像はこちら
多頭飼いで、新しい子とお見合いさせる手順についてはこちらのカテゴリをどうぞ。
※なぜかサムネールの画像がひどいですが、映像はここまでひどくありません。

本来なら、お見合い3回くらいでパスするペアだったと思います。
が、まんごろし太が我が家の全てをテリトリーとみなしており、まんごろし太がAngelにアグレッシブに攻撃、お見合い中にお互い噛み付いてしまったので、少々時間がかかってしまいました。(普段ウサギを入れないバスルームなどで見合いさせたのですが…)
以後、家でのお見合いはせず、1週間に一度HRSで掃除している間にお見合いさせてもらっていました。
ウサギによっては、一度でも噛み付くと絶対許さない、という子もいるようですが、まんごろし太もAngelもそこまで執念深い性格ではなかったようです。
以下、時系列にご説明。
ちなみに、うちのウサギはまんごろし太♂(白と茶色のブチサテン、去勢済み)、お相手はAngle♀(イングリッシュロップとニュージーランドホワイトのミックス?、避妊済み)。
冒頭:
お互い、相手に先に顔をなめさせようと、顔を押し付け合って沈黙。
二匹のウサギが同じテリトリーに居るとき、先に相手の顔を舐めた方が、ウサギの間で決められる順位が低くなります。
(一度順位が固まってしまえば、どちらも相手を舐めます)
00:35:
おっ、Angelが舐めているか?! と思いきや、多分臭いかいでいただけ……
00:39:
Angelがまんごろし太にマウンティング! まんごろし太は逃げます。
この逃げ方ですが、それほどパニックに陥っていないのが重要です。
Angelも、逃げるまんごろし太をそれほど真剣には追いかけていません。
こういう状態ならお見合い成功の見込みアリです。
(逆に、追いかけられる方がパニックになったり、追いかける方が唸りながら突撃するようだと、見込みは薄いかも……)
01:28:
まんごろし太が、頭をかいて毛繕いしています。
毛繕いの行動が出るのは、比較的リラックスしている状況ですので、悪くありません。
02:22:
まんごろし太が、Angelの前に頭を差し出して、「顔をなめろ」と要求しています。
が、Angelは「いやよ!」とまんごろし太の背後をとり、まんごろし太は逃げます。
02:30:
再び、交渉。
お互い、ど───しても相手の下につくのは嫌みたいですねえ……
04:20:
ついに、まんごろし太の方から一歩歩み寄りました。
Angelの耳をなめています。
が、「耳をなめる」は、あくまで「握手」、まだ負けたと意思表示したわけではありません。
……こういうところ、チラっと舐めて、居心地わるそうにしているあたり、子供が喧嘩して「仲直りしようよ」って言うときの居心地悪そうな感じとホント似てますよね(笑)
「ほんとはカッコわるいな〜」と思ってるのが見え見え(笑)
05:05:
仕方なく(?)まんごろし太がAngelの耳と頭のてっぺんを舐め始めました。
通常は、こういう行動がみられたら、お見合いは90%成功です。
あとは、自宅に連れて帰ったときに、新しい子がパニックにならなければお見合い成立です。
頭のてっぺん、というのはなかなか微妙。
耳の間、とも解釈できるし……
まんごろし太は負けを認めたのか? それとも、まだボスの座を諦めていないのか?
……まあ、マウンティングされて逃げて奥に引っ込んだ時点で、はっきりいって気迫負けしてますけどね(笑)
昨日WHRSの会報冬の号が届いて、アダプション待ちウサギをみてみたら、既にAngelの名前はなかった(汗)
まだ、アダプション書類にサインしてないんだってば!!!(焦)
しかし、この外見、この大きさ、しかもどうやらエンセファリトゾーンにやられているらしく、頭がふーらふら、と3拍子揃ったら、ホント行き先ないんだろうな……この子(涙)
まんごろし太には、もっと穏やかな優しい子をつけてあげたかったけど、お前が寂しそうな顔をしなくなったってことは、Angelでもいいんだよな? 多分。
というわけで、多分Angelちゃん(もう既にうちではメイと呼ばれているけど……。「あらしのよるに」のメイからとってつけた。ヤギとかヒツジとか、そういう雰囲気だから。もしかしたらまだ名前変えるかも)はかなり高い確率で我が家の一員になりそうです……。
はああ。
今思うと、えせるは本当にパーフェクトにおしとやかで優しくて美人で面倒見のいい子だった……。
しかし、見慣れると、あんたも愛嬌あるよ、メイ(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。