プチ不調から復活

ローヤルゼリーのお陰なのか、タオルケットが効いたのか、ロスはプチ不調から脱出した模様。


今日は耳だけが熱いということもなく、腰が引けた感じもないので一安心。
実際のところ、ペレットも草も良く食べているし、う●ちも近年まれに見る立派なのをしているので、不安要素はないように見えるのだけれど……何となく、どこかひ弱な感じから完全に脱し切れていない。
まあ、薬も投与しているし、回復はもしかしたらローヤルゼリ−のお陰かも知れないし、まだ自分の力だけでは体調を安定させられない、ということを反映しているのかも知れないが。
ローヤルゼリーは、人間にはかなり効く(特に臓器系の疲れに)というのは自分自身で実験済み(※)で、実はこれまでにもえせるが体調を崩した時に何度かお世話になっている。どうも、効くのは人間だけではないらしい。ただ、こういうサプリは体が慣れてしまってそれなしでは元気が出ない、となってしまっては元も子もないので、体調回復したらすぐに止めるようにしていた。
ロスは、最初に斜頸の症状が出た時から飲ませ始めて(入院中もこれだけは飲んだ、と、大学病院で面倒を見てくれていた学生さんが言っていた)、一時回復したと思った時に中断。今回のプチ不調でまた復活、といった状態で、これまでになく長期間世話になっている。これのせいで、逆に体がこれに頼ってしまってなかなか元気が出て来ないのかなあ、という不安もないではないけれど、ウサギにとってかなり強いと思われる薬を毎日飲ませているし(相変わらずおしっこが薬臭い)、oxibendazoleの投与が終わるまでは仕方がないのかも、と揺れる毎日。
もっとも、一度開けたアンプル(ガラスのアンプルに密封されているので)はすぐに消費しないと、どうもあまり効き目が出ないようなので(酸化するのかなあ…?ローヤルゼリーって酸化しなさそうなイメージがあるけど)、ウサギがほんの少量舐めた後は、人間が余りを頂いてかなり楽をさせてもらっている(笑)。人間にすれば既に中年から初老のウサギ達はともかく、まだまだ、こんなもんに頼っていてはいかんのだがなあ(苦笑)。
(注* どれでも効く、というわけではないようです。私が使っているのは、100%オレンジジュースに溶かしたものがガラス容器に密封されているもので、フランス産です。昔は結構どれでも効いたのになあ、と母親曰く。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。