後ろ足を片方なくしたフレミッシュジャイアントの話Vote fore a bunny lost a leg — the case of Chief and Shawnee

House Rabbit Societyミズーリ支部での話。

チーフとショーニーは、高さ30cmほどしかない外飼いケージの中で飼われていたフレミッシュジャイアントでした。1年ほどたったある日、この酷い飼育状況は警察に通報され、二匹はハウスラビットソサエティのミズーリ支部へ保護されました。

保護された時、チーフの後ろ足は骨折したまま、おそらく長い間放置されていたことが分かりました。この後ろ足を直すための手術が行われましたが、骨は複雑骨折で復元せず、レスキューチームはチーフを安楽死させるか、後ろ足の切断手術をするかの選択を迫られました。

If you are a bunny lover, read a heartwarming story and vote for them, so that Missouri House Rabbit Society may won $2000 grant !

http://www.theanimalrescuesite.com/clickToGive/contest.faces?siteId=3#06

Chief and Shawnee

Chief and Shawnee were put outside to fend for themselves where they lived under a deck with a 1 ft. clearance. After nearly a year, their plight was brought to the attention of a police officer and from there to the Missouri House Rabbit Society. Upon rescue Chief was discovered to have a severely broken back leg that had probably been that way for some time. An attempt was made to surgically repair the break, but the bone shattered away from the metal plate leaving the rescue group with the decision to euthanize or amputate the leg. This was a tough decision. Chief had a wonderful disposition, but the cost was a severe burden and who was likely to adopt a three legged, four year old Flemish Giant rabbit? However, between veterinary and friend help, the choice to amputate was made. During the entire ordeal, Chief’s fighting spirit and constant affection towards people was an inspiration for everyone. In the meantime, Shawnee had been kept separate for her spay and it had been several months apart for them due to Chief’s surgeries, recovery, and then neuter. The plan was, hopefully, to reunite them.

During an adoption visit, a couple interested in a Flemish spotted Shawnee and fell in love with her. They hadn’t considered two bunnies, but hearing the whole story about Chief and Shawnee they asked about putting them back together. Enough time had passed since their spay/neuter to see if they were still interested in each other without hormones being involved. It was clear to all they were and the two are now happy in their new home. There was even a special ramp made so that Chief could get up onto the couch to sit with his new family and next to Shawnee.

Missouri House Rabbit Society, of Chesterfield, MOこれは厳しい選択でした。チーフは素晴らしい性格でしたが、手術費はレスキューグループにとって深刻な重荷になります。それに、既に4歳の、三つ足のフレミッシュジャイアントを気に入って、家に迎えてくれる人がいるでしょうか?

しかし、獣医と仲間達の助けで、ミズーリHRSは結局チーフの足の切断手術をする決断をしました。
この厳しい試練の中で、 チーフの生き抜こうとする力と人々への尽きる事ない関心、愛情は、多くの人に感銘を与えました。

一方で、ショーニーは、彼女自身の避妊手術のため、またチーフが治療生活に専念していたために、チーフと数ヶ月の間離されていました。
チーフが回復したあかつきには、可能であれば、また二匹を一緒にする予定になっていました。

その間に、一組のカップルがショーニーに惚れ込んでしまいました。当初、彼らは二匹を家に連れて帰る気はなかったのですが、チーフとショーニーのこれまでの話を聞くと、再び二匹を一緒にしたいと申し出ました。
性ホルモンがなくても、まだお互いに相手に興味があるか? 既に、二匹とも去勢/避妊されてから、十分な時間が過ぎていました。
結果は明白。二匹とも、まだお互いに相手のことが好きだったのです。

現在、二匹はカップルに引き取られ、仲良く新しい家で暮らしています。家には、上り坂がソファーの脇に用意され、三つ足のチーフもその坂を上って、新しい家族やショーニーの横で寛ぐことが出来るようになっています。


この話は、現在アメリカの「the Animal Rescue Site」で行われている、「Heartwarming Story Contest」の中の一話です。

アメリカでは、応援したいレスキューグループを投票して、一位になったところに、奨励金を出すイベントが結構あります。
今回の 「Heartwarming Story Contest」では、上位3位を獲得したところが2000ドル貰えます。
しかしやっぱり、というか、この手のイベントで一位をとるのは、どうしても犬猫になっちゃうんですよねえ〜。。

というわけで、この話に感銘を受けた方は、こちらのリンクへ行って、

『Chief and Shawnee』

にクリック、一票を投じてもらえませんか?(^^)
(初めてクリックした人は、なんか説明ページに飛んでしまうみたい。一度ウィンドウを消して、もう一度クリックすると開きます)
住所や、メアドなども必要ありません。チェックを入れて、「Vote」ボタンを押すだけです!
一度クリックした人も、日付が変わればまた投票できます♪

上の記事の中にもありますが、一般に、去勢/避妊前にうまくペアになっていたからといって、去勢/避妊後も仲良くしてくれるとは限りません。
良い里親に巡り会えたというだけでなく、そういう意味でも、チーフとショーニーのケースはラッキーでした。
残念ながら、いかにアメリカといえど、4歳以上、大型ウサギ、片足とくると、なかなか単独では里親がみつからないのが現状です。

……ということを知っていると、感動的な話なのだけど、犬猫しか知らない人には、この感動は分かりにくいのかもな〜(^^;)

ちなみに、チーフとショーニーが救出されたのは、アメリカでは、狭すぎるケージに閉じ込めて飼育することが虐待である、と公的に認められているからです。

日本は?
残念ながら、動物取扱業者でない限り、これだけでは虐待とみなせないのです!
狭いケージに入れっぱなしでは、兎の足って簡単に(自重で)骨折しちゃうのに!
今の愛護法で罰せるのは、 「飢えさせること」「みだりに殺傷すること」「遺棄すること」の3つだけなんですよ!

こんな現状を変えたい、と思う方は、12/7〆切のパブコメに意見を送りましょう!
以下のURLから、チェックボックスにチェックを入れ、意見を書き足すだけで、簡単にパブコメ送信用文を作成できます。

http://ethel.sakura.ne.jp/aigo/ 

携帯用ページもあります。
http://ethel.sakura.ne.jp/aigo/m/
 

〆切は12/7必着です!! まだの人は、今すぐGO!

最後に、原文を載せておきます。


(cited from http://www.theanimalrescuesite.com/clickToGive/contest.faces?siteId=3#06)

Chief and Shawnee

Chief and Shawnee were put outside to fend for themselves where they lived under a deck with a 1 ft. clearance. After nearly a year, their plight was brought to the attention of a police officer and from there to the Missouri House Rabbit Society. Upon rescue Chief was discovered to have a severely broken back leg that had probably been that way for some time. An attempt was made to surgically repair the break, but the bone shattered away from the metal plate leaving the rescue group with the decision to euthanize or amputate the leg. This was a tough decision. Chief had a wonderful disposition, but the cost was a severe burden and who was likely to adopt a three legged, four year old Flemish Giant rabbit? However, between veterinary and friend help, the choice to amputate was made. During the entire ordeal, Chief’s fighting spirit and constant affection towards people was an inspiration for everyone. In the meantime, Shawnee had been kept separate for her spay and it had been several months apart for them due to Chief’s surgeries, recovery, and then neuter. The plan was, hopefully, to reunite them.

During an adoption visit, a couple interested in a Flemish spotted Shawnee and fell in love with her. They hadn’t considered two bunnies, but hearing the whole story about Chief and Shawnee they asked about putting them back together. Enough time had passed since their spay/neuter to see if they were still interested in each other without hormones being involved. It was clear to all they were and the two are now happy in their new home. There was even a special ramp made so that Chief could get up onto the couch to sit with his new family and next to Shawnee.

Missouri House Rabbit Society, of Chesterfield, MO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。