Encephalitozoon cuniculi in pet rabbits

注)当HPの管理人は、獣医でも医学関係者でもありません。医学系論文の種類にも詳しくありませんので、もしかしたらProceedingsがこの一覧に混じっているかもしれません。 また、専門家ではありませんので、コメントが正しくない場合もございます。
このページの情報をご利用の方は、かならずリンクを辿って原文を入手の上、お読み下さい。
このページのコメント部分のいかなる情報も、レポート利用、web引用、その他いかなる手段によっても、コピー、引用を禁止します。
どうしてもweb等で紹介したい時は、このページへのリンクという形でのみ許可します(具体的な内容の紹介をされる場合は、必ずリンクを張って下さい)。
素人なりになるべく間違いを書かぬよう努力はしておりますが、専門家ではありませんので限界があります。なお、このページの内容は今後手直しされる可能性があります。コピー禁止はそのための処置です。どうぞご理解下さい。
以上のお約束が守れる方のみ、本文をご覧下さい。


F. M. HARCOURT-BROWN, H. K. R. HOLLOWAY “Encephalitozoon cuniuli in pet rabbits” Veterinary Record (2003) 152, 427-431

エンセファリトゾーンの症状を呈した128匹のペットラビットの症例及び処方、その後の経過をまとめた論文。使用した薬品はアルベンダゾール、フェンベンダゾール、抗生物質、コルチコステロイド。きちんと読んでないのでこれ以上はまたそのうち。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。